お葬式は無用で可能のみの直葬スタイル

ごく身近なものだけで行う葬式のスタイルである家族葬は、今後確実に増えていくものです。
ただし、葬式の規模は小さくても心をこめて見送りたい、故人を心から偲ぶ弔いにしたいと希望すると費用面ではそれなりにかかることもあります。
これは家族葬を望む人が、必ずしもお葬式を安く済ませたいと考えているわけではないからです。
一方で、とにかく簡略化したい、面倒な儀式はいらない、できるだけ安くしたいという考えを持つ層が増加しているのも事実です。
現在では葬送儀礼を一切行わずに、火葬のみの直葬スタイルを選択する人も増えてきました。
つまり、葬式をしないという選択です。
そうはいっても、やはり遺体の搬送やドライアイスの処置、保管などは葬儀社に頼むことになりますし、棺も必要になります。
火葬場を予約し、役所で火葬許可書を発行してもらい、火葬場つきの安置所などで遺体を保管します。
そして、所定の日時に火葬をし、遺骨を骨壷に収めて終了です。
実に簡素なもので、僧侶を頼めばお布施代はかかりますが、こうした宗教儀礼も一切必要となしとする人が多いです。

トラック運送 足立区 求人

業務用エアコン洗浄専門のDAIKOSHAなら24時間いつでも清掃いたします。

「ハイローオーストラリア」を徹底解説

大和容器の缶製造は様々な形状に対応しています。

季節ごとのデザインそろっています

最新記事