宗教にこだわらない自由なお葬式を

特定の宗教にこだわらずに、自由な形式でお葬式を行いたいと希望する人は、無宗教葬を選択します。
著名人のお葬式や社葬では、事前に家族葬や密葬を行った上で、後日改めてお別れ会や偲ぶ会を開くケースが多いです。
無宗教葬はそれこそどんな形態でも自由ですが、よく行われているパターンはあります。
生花祭壇などを飾り、仏式の読経の代わりに音楽を使用することが多いです。
メモリアルコーナーも故人を偲ぶアイテムとして設けられることが多くなっています。
全員で黙祷をささげて、故人の想い出をビデオなどでたどり、参列者がお別れの言葉を述べて故人が好んだ音楽を流す、あるいは生演奏をするなど様々です。
さらに、焼香ではなく献花をして、遺族が挨拶を行い最後のお別れの儀式を行って出棺などという流れになります。
家族全員が故人に対する気持ちを述べると、いっそう温かみのある式になります。
仏式とは違い、セレモニーやビデオ上映のために参列者も座れる席が必要になるなど経験豊富な葬儀社に頼むことが大事で、葬儀社の施工例などをみせてもらい決めることが重要です。

最新記事